社長挨拶

Home企業情報 > 社長挨拶

 

歴史を支えに「老舗ベンチャー」として 
                                  生まれ変わります


理化電子株式会社は1961年に設立しました。以来、エレクトロニクスの分野で、技術先進型企業の道ひと筋に歩んでいます。

特に近年は、さまざまなデバイスが目覚ましく進化しています。それに伴って、お客様のニーズもより高度に多様化し、私たちはご期待に応えたいと、独 自の技術に磨きをかける努力を続けてきました。これまでは概念さえ存在しなかったような革新的な製品が次々登場しますが、その開発の一端を担わせていただ けたと自負しています。

私たちは、「技術」を生業としています。ですから、困難な課題を任せていただいたときや、チャレンジングな技術に取り組んで成果を得られたときに、大きな 喜びを感じます。その際、もっとも大切にしていることは、お客様にとっての最良・満足に徹する姿勢。そして、グローバルな視点に立ち、世の中に役立つ技術 を提供すること。
これこそが、弊社の社会貢献であると考え、理念として掲げています。

2015年、社長を交代させていただきました。
今後は、これまで以上に技術の進展に力を注ぎたいと思います。また、変化の激しい時代に対応するために、正しい発信力の重要性も感じています。
私たちは、エレクトロニクス分野の黎明期から築いてきた老舗として、堅実な技術力を持っています。これに、ベンチャー企業のような若い柔軟な発想やプロモーション力を新たに加えて、「老舗ベンチャー」へと進化したい。この理想に向かって、努力していきます。

弊社の根幹である「技術」を支えるのは、「人」であり「仲間」です。私もその一員として、一人ひとりが能力を十分に発揮できる職場環境づくりを目指します。
働きやすい環境であれば、社員は、前向きな意識を持ち、自ら考えアイデアを出し、持てる能力を発揮するでしょう。そして、個々の能力を切磋琢磨することで 相乗効果をもたらし、アイデアを実現する好循環が生まれるのです。それが、将来にわたって成長し続ける会社組織の姿ではないでしょうか。
仲間を大切に思い、応援してくれる家族も含めた「理化電子ファミリー」の力を結集することが、お客様の最良・満足につながるものと考えています。

私たちの目指す先には、さまざまな「幸せ」が見えています。
お客様には最高の技術・サービスを、取引先様には潤滑なビジネスを、社員には弊社で働く誇りを、社員の家族には心からの応援を、それぞれの幸せと感じて満足していただきたい。そして、すべての関係者の幸せを共有し、幸の「和」を構築することが私たちの目標です。

また、若輩の私だからこそ、今後家庭と社長業の両立を通して社会に何らかのメッセージを発信したい。草の根から全国に呼びかけたい。そんな大志も抱いています。

皆様方には、理化電子により一層のご支援を、何卒、宜しくお願いいたします。
ご期待に沿えますよう、誠心誠意、力を尽くすことをお約束いたします。



                   理化電子株式会社

                            代表取締役 戸田 泰子

企業情報

  • 会社概要
  • 経営理念
  • ロゴマーク、VIについて
  • 沿革
  • 社長挨拶